漫画「猫なんかよんでもこない」

 漫画「猫なんかよんでもこない」(杉作著 実業之日本社刊)が出版社から送られてきました。ネコカフェの店頭においてほしかったようです。しかし、店長は猫を自分のこどもと思っているので猫、猫と呼び捨てにされるのも好きではありません。裏表紙にある「オレサマが、猫の世話かよ・・・」というフレーズは特に気に障ったようで、本はすぐわたくしの方に廻ってきました。

 冷静に見れば「猫なんか・・・」、「オレサマが・・」は自分を卑下していることの裏返しなのですがそういってみてもはじまりません。わたくしが読んでみますと結構面白くて、一気に読んでしまいました。猫嫌いの主人公がひょんなことから猫と一緒の生活をおくることになるのですが、オレサマは目を悪くして目標を無くし、猫たちとキャットフードを分け合うまでに落ちてしまいます。しかし、最後は猫のおかげで作家として世に認められます。世界的ピアニストフジ子ヘミングは、耳を悪くして苦境にあったとき猫が彼女を救ってくれたといっています。

NecocafeRUDY

 

 <営業日>

 毎週 金土日月

 

<定休日>

    毎週 火水木

   

<営業時間>

  11:00~18:00 

 (受付終了17時)

 

<アクセス>

338-0011

さいたま市中央区新中里

 4-11-7

 

駐車場あり(1台要予約)

 

電車 

埼京線与野本町駅  10分

京浜東北線与野駅  15分