蚕糸業の復活再生へ

   日本の收繭量の推移(総務省養蚕統計より作成)
   日本の收繭量の推移(総務省養蚕統計より作成)

 日本の繭生産量は明治5年(1872)に富岡製糸場が完成したあと年40万トンまで増加しましたが現在は400トンに満たない状況です。かわって中国で生糸の生産が増加しています。

 しかし、衰退の真の原因は中国による生産ではありません。国内の他産業に比較して生糸の収益性が低く、生産意欲を刺激しないからと考えられます。日本の蚕糸業はこれまでにも幾多の試練を越えてきました。蚕糸業の再度の復活を期待したいと思います。

 

NecocafeRUDY

 

 <営業日>

 毎週 金土日月

 

<定休日>

    毎週 火水木

   

<営業時間>

  11:00~18:00 

 (受付終了17時)

 

<アクセス>

338-0011

さいたま市中央区新中里

 4-11-7

 

駐車場1台(要予約)

 

電車 

埼京線与野本町駅  10分

京浜東北線与野駅  15分