川越市立美術館に行ってきました

 埼玉県川越市立美術館
 埼玉県川越市立美術館

 2015年1月8日、川越市立美術館に行ってきました。川越市は江戸時代には武蔵国川越藩として栄え、譜代の領主酒井家は、大老や老中など幕府の要職に任じられていた歴史をもった街です。

 美術館は川越城跡に位置し、川越街道・国道254号線が16号線を超えたところにあります。常設展示室には相原求一郎氏をはじめ橋本雅邦、下村観山、小茂田靑樹などの重厚な作品が常設展示されています。加えて須藤博志氏のさまざまな「風」の彫刻が展示されていました。砂漠の風や池のさざ波をつくりだす風を手で感じたり、彫刻のもつ質感を確かめることができました。

 


 

 

 

 

NecocafeRUDY

 

 <営業日>

 毎週 金土日月

 

<定休日>

    毎週 火水木

   

<営業時間>

  11:00~18:00 

 (受付終了17時)

 

<アクセス>

338-0011

さいたま市中央区新中里

 4-11-7

 

駐車場1台(要予約)

 

電車 

埼京線与野本町駅  10分

京浜東北線与野駅  15分