2019年

2月

02日

半端ではない人口減少

   総人口の長期推移
   総人口の長期推移

 図は国土交通省が2011年に公表した日本の総人口の推移です。2004年に1億3000万の人口が100年後には1/2~1/3になるというのですから半端ではありません。影響はすでに学校の統廃合や商店の閉店、バスの廃止、自治体の統廃合などにあらわれています。少子化対策は、開発事業や補助金交付で解決できるような問題ではありません。2014年の内閣府の公表資料によると、2030年までに出生率を2.1に回復できれば2100年に9200万人を維持できるとしています。この出生率は普通の対策ではとうてい間に合いそうにありません。単純な移民政策は世界に混乱をもたらしています。安倍首相の英断に期待したいものです。

0 コメント

2019年

1月

05日

日本がつぶれないために

    出典:内閣府男女共同参画白書H25年版
    出典:内閣府男女共同参画白書H25年版

 最近結婚をしない未婚の男女が増えています。図は内閣府が発表した生涯未婚率(50歳の時点で結婚したことがない人の割合)です。戦後1~5%だった生涯未婚率が最近10~20%と急増しています。これは、少子化にとって大きな問題です。さらに問題なのは離婚率です。現在、離婚率は年齢層によらず年々上昇しており、3組が結婚する一方で1組が離婚している計算になります。

 このような状況は多くの子供たちにとって安心できる環境ではありません。不幸になった子供たちを救済する前に、こどもたち自身が、生まれてきてよかったと感じる環境が必要です。その前にまず結婚してよかったと思えるような思い切った結婚優遇策が必要ではないかと思います。日本がつぶれないために。

0 コメント

2018年

12月

29日

猫とも新聞平成30年103号に掲載されました

組上がったQRボックスを点検中のアサヒちゃん
組上がったQRボックスを点検中のアサヒちゃん

  12月発行の猫とも新聞103号のDIY第2回講座にあさひちゃんとトム君が協力掲載されました(写真)。キューブボックスが縦横に積み上げられるとアサヒちゃんが早速収納物の点検を始め、トム君がその様子を興味深そうに眺めています。なお、誌面ではアイリスオーヤマのQRボックスとあります。CBキューブボックスを2次元に配列できるようにしたという意味でネーミングされたのでしょうか。QRはもともとは、(株)デンソーの登録商標で、それまで横方向だけだったバーコドをたて方向に展開した2次元バーコードの名称として用いられています。もとの意味は、quick responce だったようです。面白いですね。 

0 コメント

2018年

12月

27日

猫とも新聞平成30年11月号に掲載されました

猫とも新聞102号のあさひとターニャ
猫とも新聞102号のあさひとターニャ

 猫とも新聞102号(2018/11/22発行12月号)にあさひちゃん(写真上)とターニャちゃん(写真下)が掲載されました。猫とも新聞さんは創刊20周年にあたり、9月22日発行の10月号の第100号を機に、これまでのタブロイド判をB5版の小雑誌に変え、スタイル内容とも一新して新基軸を打ち出されています。

 ネコカフェルディは、今回栃木県を中心にホームセンターやアウトドア事業を展開しておられる(株)カンセキさんのDIY講座に協力させていただきました。 出来上がった段ボールハウスに真っ先に入ったのは好奇心旺盛なジャパニーズボブテールのあさひちゃん(写真上)です。みんなはどうして入らないの?とでもいっているように見えます。一方、ロシア出身のターニャちゃんは大きな体を横たえて、すっかりくつろいでいます。自分だけでもう満杯と言いたそうです(写真下)。

 ネコカフェルディから一言:猫ちゃんは狭いところが大好きですから、ハウスのサイズは一回り小さくてもよいかも知れません。 猫とも新聞も保管しやすくなって、保存資料としても使えそうです。

0 コメント

2018年

12月

16日

悪賢い 梨の天敵

久喜市看板(上)とビャクシン(下)
久喜市看板(上)とビャクシン(下)

 先月, JA菖蒲の入口で久喜市の奇妙な看板を目にしました(写真上)。久喜市のHPを開いて意味がわかりました。『市特産の梨を赤星病の被害から守りましょう! 赤星病は、梨の葉や果実に赤い斑点を生じる梨の重要病害です。葉は早期に落ち、果実は販売できなくなります。赤星病の胞子は梨とビャクシン類でのみ生存し、4月から6月までは梨、その他の期間はビャクシン類に寄生します。』 植木図鑑によると、ビャクシン(写真下)は写真下のようなヒノキ科の針葉樹で、洋風の家に似合うことから近年植栽する人が増加し、都市近郊の梨生産地を中心に条例による規制が行われているようです。

 ヒノキ科の植物は常緑樹で枯葉を散らす心配もなく、ヒノキチオールを産生するため空気を浄化すると思っていましたが、真夏と真冬をビャクシンに取り付けたカプセルでやり過ごし、春になると芽吹いたばかりの梨にとりついて繁殖するという悪賢いカビがいるのは知りませんでした。よその家の庭木を消毒するわけにもいかず、梨農家は大変です。

0 コメント
環境庁キャンペーンより抜粋
環境庁キャンペーンより抜粋

 ネコカフェルディのネコたちは8頭全員が完全室内飼育です。最初のドアを開けると受付があり、受付で料金を支払ってから、靴を脱いで土間に上がり、ベビードアを手前に引いて最後に部屋のドアをスライドさせ入るようになっています。脱走防止というよりも飛び出し防止のためです。猫たちは探検するのが大好きですから飛び出すことはあっても脱走する気はなく、その証拠に今までいなくなったことはありません。車にひかれたり、ノミやシラミ、病気に感染して帰る心配があります。

NecocafeRUDY

 

 <営業日>

 毎週 金土日月

 

<定休日>

    毎週 火水木

   

<営業時間>

  11:00~18:00 

 (受付終了17時)

 

<アクセス>

338-0011

さいたま市中央区新中里

 4-11-7

 

駐車場1台(予約制)

近隣コインPあります

 

電車 

埼京線与野本町駅  10分

京浜東北線与野駅  15分